“がきんちょ”ファミリー こども“ど真ん中”プロジェクト

“がきんちょ”ファミリー こども“ど真ん中”プロジェクト

「子ども達と共に「居場所」つくりを楽しみ、大人も子どもも一緒に成長していこう。」と始まった活動です。
非営利任意団体です。
 出会った思いが活動を継続させています。

子ども時代は、自分の置かれている環境を選ぶことができませんが周りにいるすべての大人から刺激を受けて成長していきます。そして、高齢者も含む大人の世代も、すさまじい速さで変化してしまった情報社会の中を泳ぎ切る術を、‘今を・・これからを学んでいる多くの若者、子ども達’から刺激を受けて学ぶべきことがたくさんあります。多くの日常の交流と互いに思いやる気持ちがどれだけの安心感をもたらしてくれることかを活動の中でそれぞれが感じてきました。温かな人の成長を願い、地域活動がはじまり・・継続しています。

使命: 子ども達を見守り育て、大人として成長させてもらう。   ☆ 思い・・同じ考え・・一緒に・・つながっていたい・・人と人、すべてが会員 “がきんちょ”ファミリー 会則に! みんなが“がきんちょ” 「この地域に生まれて良かった。この地域に育って良かった。この地域にかかわって良かった。」みんなの居場所“この指とまれ!”

代々木公園 アースデイ東京
気持ちのいい風の森で
思いっきり遊ぶ
順応性と柔軟性はわがままいっぱいに遊ぶことの経験の積み重ねで育つ。
こどものうちは、これでいいんだよという待ちの見まもりが重要

[04/15/18]   平成30年度「総会」をした。
代表が70才を迎える年度の切り替え時に、代表を退くことが発表された。
あと1~2年!
解散の混乱を和らげるには、この1年からが変革の活動になる。どちらにしても
活動拠点の地域学習センターのリニューアルで、今年の8月末日までしかいままでの活動は、終わり❗
9月からは、工夫あるのみ。

今年度初の「食」ツきんぐ

毎回 楽しい!
「食」ツきんぐは、料理教室とは違う。
子ども達と食を楽しむ。
家庭ではなかなか時間がとれない「食」を通して、調理作業の化学反応には意味があることを感じ「味」を作り出すには、調理体験の失敗を成功に変える生活の工夫の知恵をしぼりだす面白さを共感しあったほうがいい。自分達で刻んだ具材や味付けしたものは、おいしいもの。
米 21合
食材 スタッフの持ちより
購入した不足食材2000円分

まぜごはんと味噌汁、煮物、ニラ玉
(*^^*)
シンプル 
あまり なし!

最高な時間🎵

準備するところからワクワク、自分の所有物で楽しませる場づくり。
仲間が集まり、さりげなくサポート!いい感じ!!

今日のランチは、簡単お赤飯(お赤飯のもとを使って炊飯器で8合)
味噌汁は卵10個を使っての卵とじとじ…
あっというまにペロッと食べて、再度七合のご飯を炊いて、ほんわか混ぜご飯

またまた…なくなった(笑)
画像撮るのも忘れたくらい楽しいにぎやかなランチ!
今週は小中学校、そして大学も卒業式!それぞれの〆の時間。

好きな同級生に告った話、どうやって告るかの相談を小学生から大学院生までが大勢集まっては、ペチャクチャ❗
愉快ないい空間だ!(*^^*)

今日の居場所 なんかいい雰囲気~
みんなでけん玉
みんなで腕相撲
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
みんな笑顔(*^^*)

明日、筋肉痛!🎶

「おやつ教室」(*^^*)
みんな食べ過ぎを発見!!

今年度開催しています地域食堂の1月開催予定はありません。
(*^^*)多くの言葉かけありがとうございます。
1月開催しないのは、年配の方々や幼児連れの家族での参加の方々への寒さとインフルエンザ対応によるものです。

2月の開催予定が決定しました。
 会場は、今回 南花畑住区センターです。

足立区公益活動げんき応援助成事業なので・・
大人も子供も無料。

事前に申し込みをお願いしますね(^_-)-☆

「“がきんちょ”」でなく、“がきんちょ”ファミリーだよね!
今年8月いっぱいの居場所活動の中での寄り添い、楽しみにしています。

\2018年もどうぞよろしくお願いいたします/

みなさまいかがお過ごしですか。
昨年の振り返りや新年のご挨拶もままならぬまま、明けてしばらく経ちました。

先週からPIECESは仕事が始まり、今週はコミュニティユースワーカー3期のゼミ、来週は新年のイベントなどさっそく色々と活動が始まっております。

本年は、他にも新しい活動をはじめたり、今までの活動を総括したりと色々と今後の活動の計画が進み始めています。

また、昨年は、活動の様子などを上手に発信することができず体制もできていなかったので、今年は広報にも力をいれて活動していこうと思っております。

広報のプロボノの方が集まってくださり、これから色々な活動を報告して頂く予定です。

-------------------------------------------------------------
↓ということで、写真は、昨年にはなりますが12月24日の活動の様子です。

この活動は、毎月第3,4日曜の午後に行われる足立区の学習支援「がきんちょ」での様子になります。「がきんちょ」は、地域とPIECESが共に子供達の成長を見守って行く場です。

もともと8年前から足立区の保塚地域学習センターで実施されている地域の多世代型居場所活動に、2年前PIECESが学習支援で関わる事になりました。

この日は、子供達が居場所で思い思いの過ごした後、15時から学習支援スタート。
学校の宿題やドリルなど自分がやりたい勉強を、CYWやスタッフがサポートしながら進めていました。

小学生が多いのですが中高生も参加しており、勉強の合間に中学生が小学生に学校の様子を話すなど和やかな雰囲気で時間が過ぎていきました。
この様に学年や学校を超えた交流があるのも地域学習支援の良さですね。

-------------------------------------------------------------

今年もPIECESの活動へのご協力、どうぞよろしくお願いいたします!

毎年地域の中学校の生徒体験イベントに協力させてもらって10数年。
昨年は、生徒会が被災地支援に動き出した。「タオル一本運動」が許可され、近隣の小学校でも教職員含めての動きになった。
熊本の原田先生はじめ、多くの方々との交流を年末から年明け4日までの長期間の被災地滞在の経験を積ませていただいたと。
すばらしい!

この昨年の取り組みを今年にどう活かすか!
これから。

“がきんちょ”ファミリーもしっかりと伴走したい。

昨年の開催報告
パルシステムさん主催の映画上映企画に協力をさせてもらって楽しんだこと。そして、様々な方々との交流!!
映画上映に関わることでも、(*^^*)以前お世話になった方々に多大な協力をしていただき、なんとも心強かったこと。
パルシステムさんのふところ厚い組織力には、驚きと安心感!
足立区の各所管の協力もすごかった。足立社協、環境部(フードドライブ)、NPO活動支援センター、“がきんちょ”ファミリーとつながっているセカンドハーベストジャパン(フードドライブ提供品の受け取り)、花畑作業所(チラシ印刷)

改善点はたくさんあるものの、大きな成果を手にしたことは、確か。
最後の最後に残った人での写真撮影をしました!!一応、報告です。

たくさんの知人の方々に来ていただいての協力ありがとうございました。_(._.)_

クリスマスイブの保塚の居場所、
今年最後の居場所になりました。
セカンドハーベストからのたくさんの提供品や多くの方々からの寄附のもので、にぎやかなクリスマスになりました。
通りすがりの出入り自由の居場所の一年がまた無事に終えます

ありがとうございました。

来年は居場所活動になってから15年目!!
子ども達との寄り添いは20年を越えました。
一人ではできない笑顔広がる活動は続いていきます。

花保町会会館での、今年最後の
「地域食堂」たくさんの親子連れが終了時間まで続き15合炊いたご飯が空っぽで、弁当屋さんでご飯だけ買ってきてもらった(笑)
楽しかった!!

「保塚パフォーマンスショー」第2段報告

シャイな子ども達が実行委員会での企画の練り直しと当日、急遽な変更の対応まで!
しっかりとこなしたメンバーの楽しげな満足感が感じられた一日でした。次もやりたいと言った言葉に、拍手のあらしでした。

 やるという行為より、それぞれのやる気スイッチのタイミングが整うまで何ヵ月でも待ってあげること。

 大人も仲間もみんな、じっと待っ姿勢って、大事なんだとあらためて思った今回のパフォーマンスショー!強制も勧誘もしない。自分達が楽しむ為に精一杯 企画から運営まで走り回り、練習にはげんだお陰のご褒美が自分への自信と自分探しの成長の一歩。
 評価されることや自分でさえ、自分と他人の振る舞いを比べての落ち込みや浮かれた気持ちは、みんなで刺激しあって角が削れて優しく穏やかになった。気持ちも眼差しもコミュニケーション力もぐ~~んと成長して大人になった。発表した人も、裏方に徹した人も、みんな。
小学生児童から大学生まで!

大人は、みんなの成長に感動。
ステキな時間🌟🌟🌟🌟🌟

「保塚パフォーマンスショー」第1報告 
10時からの準備に、朝寒い9時前から会場に登場…会場が空いてないって!(笑)学校の登校ではありえないワクワクドキドキ💓
いままで、絶対参加しないと逃げていた小学生と中学生が今回はつかまり、朝一番に会場入りした(*^^*)⤴午前中はみんなで準備と食事づくり。炊飯器が9合➕9合の後半の途中でぶっ壊れ(笑)
助っ人スタッフ平さんが10分直火釜炊きで芯入り飯を復活してくれた。
そんなこんなもありながら、最高のパフォーマンスタイムに!!
最高な1時間30分の自分探しのパフォーマンス。

子ども達の成長の積み重ねが輝いていました。

 またまた、また知人から卵40個の差し入れて‼

ほんと、助かる‼

特定非営利活動法人 よこはま地域福祉研究センター

いいね!

「子ども・若者の居場所づくり事例集」が完成しました!
県内11の団体に取材し、どのような取り組みが地域で行われているのか、事例集としてまとめました。(神奈川県社協・共同募金との協働事業)2000部と発行部数が少ないのですが、全ページダウンロードできますので、ぜひご活用ください。
http://yresearch-center.jp/kodomo_jirei2017/

月日 12月19日
会場 竹ノ塚センター 4階ホールにて
  ※ 当日 受け付け

“がきんちょ”ファミリーも応援しています。

【自主上映募集中!】
映画『さとにきたらええやん』の自主上映会、現在全国で360か所を越えまして、まだまだ拡がっています。映画の上映だけでなく、重江監督や「こどもの里」荘保館長、また近隣の識者の方をお招きしての講演等、いろいろ企画されての上映会もたくさんあります。まだ未見の方は下記リンクに上映情報掲載されておりますので是非チェックして観て頂けたら。
『さとにきたらええやん』上映会の主催者さまは随時募集中、映画を通して皆さまが語り合う場を是非作って頂けたら幸いです。
上映会開催、上映スケジュール詳細はこちら。

『さとにきたらええやん』自主上映のご案内
http://www.sato-eeyan.com/Jisyu/index.html

団地の集会所でみんなで一緒に食事
笑顔いっぱい
なんだ!!

会費も集めていない“がきんちょ”ファミリーの居場所運営にまたまた寄付が…
うれしいなぁ~
り・ボーンさんありがとうございました。

本年度4月から開催されている「地域井戸端会議」
4月、6月、9月では、地域のお困りごとの共有を!
11月には地域の包括支援センター(足立区での地域包括センターでは、高齢者対応・地域の絆 高齢者の居場所、サロン活動の支援等が主活動)が多世代交流に取り組み始めた経緯と子ども・青少年の居場所活動とのすり合わせからの活動の共有。
9月に自主的に参加してくださった和(かのう)先生の魅力的な地域づくりのために「福祉をデザイン」、米田先生の子どもを「まちで育てる」に感銘!
次回、1月と3月に両先生からお話しを聞く企画を足立区・足立区社会福祉協議会・足立区教育委員会の後援を受けて開催できることになりました。

 会場 足立区 保塚地域学習センター
 申込 上記センターへ 03-3858-1502

 参加費 無料
 対象  足立区民及び足立区内在勤・在学の方 50名

主催 “がきんちょ”ファミリー・保塚地域学習センター
協力 あだち子ども支援ネット
 

昨日、30キロのお米の寄附をいただきました。
足立区の方々から温かい気持ちをいただいていると思ってます。ありがとう。
大事に大事に楽しく食べさせていただきます。

今日の居場所のランチ会
セカンドハーベストジャパンさんからの提供食材をみんなで楽しんでにぎやかにいただく。しあわせな時間!賑やかさが弾けているから

おいしい!

仲間が旅行先でみんなのために買って帰ってきてくれたお菓子の数々!

千住からこども達に運んできてくれた菓子(*^^*)
こども達が数えて、楽しんで分けた!

外国からの学会帰りのおみやげ📦✈ いつもありがとう、茂呂先生

本日の“がきんちょ”食堂 献立

秋のキノコいっぱいの炊き込みご飯
豆腐とわかめの味噌汁
手作りシュウマイ 200個
白菜と野菜の漬物
おくらと長いもとうずら卵
セカンドハーベストからいただいてきたきんぴら茎わかめ
セカンドハーベストからいただいてきたバナナ
みかん

子ども達がうずらの卵を始めて見たし・・初めて皮割ってみたし、食べてみた。

おくらも長いももはじめて・・だった。

おばあちゃん、おじいちゃんと一緒の食事 楽しかった。
途中、変な大学生が道に迷ってたどり着かずに大騒ぎ。
メッチャ迷惑なんだけど~バイト終わりに遠くから来てくれたんだから許すことにする。小学生に一食ただになるから来たのか~って、からかわれている・・かわいい大学生でした。
おじいちゃん、おばあちゃんも笑ってやりとりを聞いていてくれましたよ(笑)

スタッフも数に入れて総勢36名のなごやかな
総額8000円 無料食卓
日増しに家族や子ども達と同じくらいに独居の高齢者の楽しみの時間になってきました。
もう、5時30分からの一緒の時間で一緒の食卓で大丈夫!!
食事は大勢がいいね~~!! たのしい!!

今回の井戸端では、地域の包括支援センターの方々に来ていただいて地域での取り組みを話していただきます。
人が人に楽しさに出会う場づくりをしている人たちが自分の住んでいる町にはたくさんいます。みんなでつながって楽しさの共有と場づくりの魅力やアイデアの交換をします。

来てくださる一ツ家包括支援センターの取り組みの一つには、地域で子ども・障害・高齢の垣根を越えての人が出会える場づくりを推進されているんですよ。
“がきんちょ”ファミリーの取り組みと合致( ◠‿◠ )
集まった方々で町に化学変化を起こしたいです。
時間の許す方、おしゃべりに来てください。
お仕事の方は、許される時間だけ!
おしゃべりがはずんだら夕方5時までおしゃべりは続けられます。
一ツ家包括支援センターでは、人の出会えるマップを作製しています。そのマップをより充実したものに変化させる時間にもなります。そして、どこの地域でも同じようなことができるはず・・

あなたの事業をレストランのトップリストAdachi-kuにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

カテゴリー

電話番号

住所


東京都足立区
Adachi-ku, Tokyo

一般情報

足立区 保塚地域学習センターを拠点に活動をしています。 だれでも、つながることのできる自由さを大事にしています。 となりにそっと・・よりそってくれる関係づくり。わかってくれる関係を大事に大きなファミリーを目指します。
カフェのその他Adachi-ku (すべて表示)
OceanDog OceanDog
Adachi-ku, 120-0034

昭和の家 昭和の家
西保木間2-5-10
Adachi-ku, 121-0812

足立区綾瀬ライブカフェchess 足立区綾瀬ライブカフェchess
綾瀬 4-1-11
Adachi-ku, 120-0005

足立区綾瀬駅西口から200メートルほどの突き当りにあります。 キャパ25人ぐらいの小箱ライブカフェです。 毎月土、日、祝日はライブやセッション会のイベント開催してます。

Cup2gallery_103号室 Cup2gallery_103号室
千住橋戸町5-3
Adachi-ku, 120-0038

築40年のアパートをDIYでリノベーションしたレトロなカフェ雑貨ギャラリーです。 ハンドドリップコーヒー、マフィン、ケーキ 北千住・千住大橋

Foryoucafe Foryoucafe
佐野1-29-3
Adachi-ku, 121-0053

Cafe&Diner KHB Cafe&Diner KHB
千住3丁目36 桝屋ビル1F
Adachi-ku, 120-0034

Please come and enjoy our tex-mex foods and drinks!!

Emblem Hostel Nishiarai - Cafe&Bar Emblem Hostel Nishiarai - Cafe&Bar
3-33-6 Umejima
Adachi-ku, 121-0816

A brand-new hostel in Tokyo opening in December 2015. It is designed for international travelers who seek fun, comfortable and unique accommodation options

Reliberte-レリーベルテ Reliberte-レリーベルテ
綾瀬3-14-13岩佐ビル301
Adachi-ku, 120-0005

・綾瀬駅から徒歩3分のネイルサロン ・ネイリスト歴10年以上のベテランスタッフで安心♪

Juice Bar Rocket Juice Bar Rocket
千住1丁目1番地10号
Adachi-ku, 120-0034

2018年12月13日 北千住 国道4号線沿いにオープン。 ヘルシーとジャンクを兼ね備えたカフェスタイルの新感覚ジュースバー。

株式会社センジュ出版 株式会社センジュ出版
千住3-16
Adachi-ku, 120-0034

「しずけさ」と「ユーモア」を大切にする足立区千住の出版社です。 書籍の企画・編集・発行のほか、6畳のブックカフェも運営しています。

BUoY BUoY
千住仲町49-11
Adachi-ku, 120-0036

2階は元ボウリング場、地下は元銭湯の廃墟を改装した、劇場・稽古場・ギャラリー・カフェを擁するアートセンター。

わかば堂 わかば堂
千住1-31-8
Adachi-ku, 120-0034

北千住のカフェ・わかば堂。